Recruit採用情報

ITテクニカルサポート(M.I.)

クレオグループは社員のプライベートも大事にしてくれるんです。

M.I.(カスタマーサポート・2014年入社)

クレオへの想いを決定づけた、本社説明会での何気ない出来事

私が就職活動をしていた頃に決めていた会社選びの軸は2つ。ひとつは大学で学んだコミュニケーションを活かせる仕事であること。そしてもうひとつは社員想いの会社であることです。 クレオグループに興味を持ったのは、大学での合同説明会の印象がすごく良かったから。本社の説明会でも、すれ違う社員みなさんが明るく声をかけてくださったんです。それまでいろんな会社の説明会に足を運びましたが、人事担当の方は親切でも、他の社員の方々まで学生に丁寧に挨拶をする光景は、ほとんど見ませんでした。仕事ってやってみないと向いているかどうかわからない。だから環境を第一に企業選びをしていた私は、きっとここなら社員を大切にしてくれるんじゃないかと思って、入社を決めました。

初めての電話が、まさかのクレームに発展・・・

現在の私の仕事は、コールセンターでのカスタマーサポート業務です。システムの使い方がわからない。急に動作が停止してしまった。そんなお客様からのご相談にしっかりと耳を傾け、的確な答えを丁寧にご案内するのが私の役目です。電話は対面と違って顔が見えない分、一層技術が必要です。そんな難しい条件下でお客様にご満足いただけるサービスをご提供するべく、日夜コミュニケーションスキルを磨いています。 と言っても、最初から上手くいっていたわけではありません。忘れられないのが、研修を終えて初めて現場デビューをした日のこと。いちばん最初にとった電話がクレームにつながってしまったんです。お客様が問い合わせを寄せられた製品は、サポート対象外のもの。何度もその旨をお伝えしたのですが、なかなかご理解いただけず、結局、「上の人に代わってくれ」とお叱りを受けてしまうことに。周りのみなさんにご迷惑をかけてしまい、かなり落ち込みました。

声だけのやりとりだからこそ求められる高度な技術と心配り

私たちは顔の見えないコミュニケーションだからこそ、声色やお話しになるスピードなど数少ない情報を頼りに、お客様の心を読み取り、相手に寄り添ったサービスをしていかなければいけません。当時の私には、まだまだそのスキルが足りていませんでした。 たとえば今、私が同じお問い合わせを受けたら、「サービス対象外なので対応できない」の一点張りではなく、緊急度に応じて、一般サイトの情報をご紹介したり参考になるヒントをご案内すると思います。 それだけ難しい仕事だからこそ、感謝の言葉をもらった時の嬉しさも大きいですね。特に「ありがとう」だけじゃなく、「本当に助かりました」と言っていただけると、たまらない気持ちになります。また、品質管理のアンケートで「私の対応が良かった」とお褒めいただけるのも励みと自信になります。

社員を想う気持ちは、きっとどこにも負けていないと思います

クレオグループは社長自身が「社員のプライベートの充実なくして、業務の充実はない」と断言するくらい、社員を大切にしてくれる会社。 新人時代は先輩より先に帰るのが申し訳なくて、つい意味もなく残ってしまうのは、どの会社でもありがちのこと。でも、クレオグループでは無駄に残っていると先輩から「いいから早く帰りなさい」と声が飛んできます。新人研修でも「無駄な残業は仕事ができない証拠」と教えられました。それくらいワークライフバランスには力を入れているんです。おかげで着物教室に通ったり、大好きなバレーボールの観戦に出かけたり、オフはとっても充実しています。 他にも同好会のイベントや親睦会には家族も参加できたり、すごくオープンでアットホーム。どんなところで働いているのかわかると、家族も安心ですよね。

学生へのメッセージ

特定のジャンルに縛られず、多様な業界・会社を回ることで、比較もできるし、自分が本当に何をやりたいのかも見えてくるのではないでしょうか。説明会には積極的に足を運んで、自分の視野を広げてみてください。

(インタビュー内容は2016年3月時点のものです)

より高い、より強い、
価値の創造に挑戦し続ける

PAGE TOP