Recruit採用情報

ITテクニカルサポート(S.Y.)

仕事もプライベートも大事にしてほしい。その言葉が、入社の決めてになりました。

S.Y.(カスタマーサポート・2014年入社)

「IT=ちょっと暗い」という偏見を一新させられました(笑)

大学では声楽を学んでいました。けれど、音楽を仕事にするつもりはなくて。大好きだからこそ、趣味でずっと続けられたらと考えていたんです。 そんな私がクレオグループを知ったのは大学での合同説明会がきっかけ。とにかく明るい会社だな、というのが第一印象でした。と言うのもこれまでITという業界に一切興味のなかった私は、勝手に「IT=ちょっと暗い」って偏見を抱いていたんです。でも、クレオグループの人事の方はみんな明るくて、本社の説明会も行ってみようかなと思ったんです。 私にとって、ITは文字通り未知の世界。いくら研修が充実していると言っても、本当にやっていけるのか不安はありました。そんな心配を拭い去ってくれたのが、本社説明会の際に設けられた大学OGの方との座談会。その先輩も入社するまでITのことは全然勉強してこなかったそうですが、今はすごくイキイキと仕事をされていて。その明るい笑顔を見ていたら、いつの間にか不安もすっかりなくなっていました。

3ヶ月の研修で学んだ、社会人としての基礎スキル

IT知識ゼロで入社したのですが、3ヵ月間の新人研修では基礎学習からスタートし、締め括りとしてチームを組んでひとつのシステムを構築するという課題が与えられました。経験も知識も乏しい中で試行錯誤を繰り返した、この研修があったからこそ胸を張って現場に出ることができました。 現在はヘルプデスクとして、システムに関する操作上の問い合わせや不具合などのトラブルの一次対応を行っています。もともと人と接する仕事がしたいなと思っていた私にとって、困っている人の役に立てて、「ありがとう」と直接お礼を言ってもらえるこの仕事は、まさに自分がやりたかったこと。配属当初は私自身も製品に関する知識が追いつかなくて返答にまごついてしまうこともありましたが、今ではある程度の内容であれば自分でスムーズに回答できるようになりました。

活躍している女性が身近にいるから、将来像も安心して描ける

ITの世界って男性が多いイメージをお持ちの人もいるかもしれませんが、こうしたサポート職は女性ならではの気遣いや柔らかい物腰が活きる仕事。実際、周りにも女性で管理職に就いている先輩がいらっしゃいます。 私自身、結婚・出産を経ても仕事を続けたいタイプ。だから、バリバリ働く女性の先輩の活躍をそばで見られるのは、すごく参考になっています。 入社してもうすぐ丸2年が経ち、私も徐々に後輩を教える立場になってきました。だからこそ、もっと技術的な知識を増やして、私が尊敬している先輩たちのように、後輩から頼られる先輩になることが、今の私の目標です。

仕事もプライベートも全力で楽しめるのが、クレオの魅力

私がクレオグループに入社を決めた大きな理由のひとつに、最終面接で社長がおっしゃった「仕事もプライベートもどっちも大事にしてほしい」という言葉があります。ちろん仕事は仕事で頑張りたいけど、だからと言ってプライベートを疎かにするような働き方はしたくなかった。だから、ワークライフバランスを大事にするクレオグループの考えにすごく共感したんです。 実際、入社してからもお休みや残業といった面で不満を抱えたことは一度もありません。クレオグループにはいろんな同好会があり、私は軽音同好会に入っています。お休みの日はメンバーで練習をしたり、定期演奏会を開いたり、友人と一緒にライブに出かけたり。正直社会人になってからこんなふうに学生の頃と同じように遊びに行ける友達ができるなんて思ってもいませんでした。そんなフランクな人間関係がクレオグループの最大の魅力です。

学生へのメッセージ

就職活動の最中は、辛いことがたくさんあります。でも諦めなければ、出会えるものがたくさんある。だから、今がどんなに辛くてもその先に見える景色を信じて、最後まで諦めず走りぬいてほしいです。

(インタビュー内容は2016年3月時点のものです)

より高い、より強い、
価値の創造に挑戦し続ける

PAGE TOP