Recruit採用情報

システム営業(K.C.)

学生の頃、会社って堅苦しいと思っていた。今は会社って楽しいって実感しています。

K.C.(営業・2013年入社)

運命を感じた、誕生日当日にもらった内定通知

学生時代から主に得意だったのは数学。そんなこともあって、自然と就職活動でも、「IT」や「会計」といった分野に興味が向くようになっていたんです。そのふたつが両方揃っているのが、クレオグループでした。クレオグループは、「IT」という分野で「会計」システムをはじめとした様々なパッケージ製品を手がけている業務システムの第一人者。ここなら自分の好きなことを仕事にできるんじゃないか。そんな期待が、エントリーしたきっかけでした。 ありがたいことに他の会社からも内定をいただいたのですが、その中で最終的に僕がクレオグループを選んだ決め手は、選考を通して強く感じた人柄の良さ。人事の方もすごく印象が良かったし、面接の前、当時の営業統括部長が緊張気味の僕に「落ち着いてね」って気さくに声をかけてくれたりして。温かい感じがすごく伝わってきたんですよね。それと、内定の連絡を受けたのが僕の誕生日だったっていうのも大きいかも(笑)。そういうのも含めて、運命だったんだと思います。

仕事の信頼は細部に宿る。そう実感した初受注の想い出

当社の営業スタイルは、基本的には問い合わせのあったお客様に対する反響営業がメインです。業務システムに関心のあるお客様は、みなさん何かしらお困りごとを抱えています。それが業務効率化なのか、データ活用による経営基盤の強化なのか。内容は、ケースバイケース。だから業界特性や組織規模、競合情報などをトータルに分析した上で、お客様が何に困っているか、事前に仮説を立て、営業シナリオをつくることを心がけています。 そんな僕の初受注は入社1年目の2月頃のこと。今使っているシステムを新しいものに入れ替えたいというのがお客様のご要望でした。ネックになったのは、価格の壁です。当社の「ZeeM」シリーズは高い機能性でご評価をいただいていますが、その分、ただ見積もりを並べただけでは価格優位の競合製品には絶対に勝てない。営業としての手腕が問われる面白さがあります。 お客様から新人の僕を選んでいただけたのも、製品と同じくらい僕の人間性をご信頼くださったからこそ。お客様にプレゼンする際のデータや画面はどの企業に見てもらっても支障のないサンプルデータが入っています。その中で僕はお見せする組織図をお客様のHPに掲載されていたものに差し替えたり、出来る限りお客様に合わせたオリジナルの内容にこだわりぬきました。それを見たお客様が「うちのことをしっかり見てくれているんだね」と喜んでくださり、見事受注に。そんな細かい部分こそが他の営業マンと差別化する決め手になったと後から教えてもらいました。

初心を忘れないこと。それが成長の原動力になる

以来、僕が営業マンとして徹底しているのが、お客様視点を大切にすること。どうしたらお客様が喜んでくれるか。それを第一に考え、実践していくことが大事だと思っています。 2年目になって、少し慣れてきたかなという時、そんな初心をおろそかにしてしまったことがあったんです。先輩から指摘をいただいたのは見積書の書き方。ちょうど他社との価格比較で、二回目のお見積りを提示するタイミングでした。だったら、前回のお見積りと今回のお見積りを一枚に並べた方が、お客様から見ても違いがわかりやすくていいですよね。でも、僕は時間がなくて、ついそれを怠ってしまった。先輩はそんな僕の慢心を見逃さず、しっかり注意してくれたんです。 経験を積み重ねるからこそ、忘れちゃいけないものがある。その時、先輩から改めてそう教えてもらったような気がします。

やりたいことに向けて、もっと自分を磨いていきたい

今は営業の他にも、お客様向けのセミナーの資料作成や当日の進行なども任せてもらえるようになり、できることの幅がどんどん広がっているのを実感しています。できることが増えると、自分のやりたいこともどんどん膨らんでいくんですよね。営業として数字を積み上げていく面白さはもちろん、OJTリーダーなどで後輩に指導していきたいという思いもあり、今後のキャリアをあれこれ考えているところです。 一人ひとりのキャリアパスについて上長がしっかり相談に乗ってくれるのも当社のいいところ。それも面談のような改まった場だけでなく、お酒の席だったり砕けたところでも腹を割って話せるので、本当に参考になります。しっかり周りの意見を聞きながら、これからどの道を深めていくか、自分で考えていきたいです。 そんな風通しの良さはクレオグループ共通の宝物だと思います。社長自身も常に「会社を明るく楽しく前向きにしていきたい」ってメッセージを僕らに向けて発信していて。オープンな社風だから変に縮こまる必要なんて一切ありません。社会に出る前まで、会社ってもっと真面目で堅苦しいものだと思っていたんですよ。でも、うちは全然そんなことない。みんなあったかくて、飾らず付き合える人ばかり。これは、すごく“いい予想外”だったなって、入社してしみじみ実感しています。

(インタビュー内容は2016年1月時点のものです)

より高い、より強い、
価値の創造に挑戦し続ける

PAGE TOP