Recruit採用情報

社員インタビュー

Y.N(システムエンジニア・2019年入社)

IT企業に進みたいけど人とも関わりたい

ZeeM人事給与システムの「新規導入」に携わっています。顧客の人事情報など重要な情報を扱いますのでシステム導入には半年以上かかるプロジェクトです。
私は大学の間、人間学部で心理学や歴史を学びました。でも実は、高校は理系の学校でパソコンの組み立てなども好きでした。就活中は、IT企業に就職をしようと決めていたのですが人と関わる仕事もしたかったんです。説明会で話を聞き、クレオであれば実現できると思いました。

IT企業は暗いイメージ

そうはいっても、IT企業は「仕事に追われて疲れていて暗い」イメージでした。でも内定後に先輩たちと食事に行って「あれ?」と思ったんです。「あれ?暗くない」
実際、入社後も同じでした。「暗くない」
今も先輩を誘うと一緒に飲みにいってくれます。この間は、リュックサックももらいました(笑)
中部営業所の社員数は全体で15、6名、同じZeeMのチームは5名です。仕事は楽しいし会社に行くこと自体が楽しいです。
休みも多いし有給休暇は取りやすい雰囲気、残業は人によりますね、時期によっては大変そうな人もいます。

研修はプレのプロジェクト

ITが好きで詳しいといっても、私はハードウェアが好きだったのでソフトウェアのプログラミングははじめてでした。5、6人のグループにわかれてシステムを作る後半の研修は大変でした。グループ内には詳しいメンバーもいるのですが、詳しい人の言っていることがそもそもわからない。所属したグループは楽しく進行しましたが、進捗が把握できない、要望の汲み取りが大変など実践のための事前勉強になりました。
先輩から与えられる作業への報告は大事だということも身をもって体験しました。
研修中、大阪、名古屋のメンバーも東京での研修だったので、通勤も一緒、夕食も一緒という生活です。今も2、3週間に一度は大阪に行って同期に会います。

アクティブなプライベート

プライベートでは会社の福利厚生で安く利用できるジムで運動をしています。じっくり5時間くらい、週に一度は行っていますね。
野球とかサイクリングとか、大阪に行ってボーリングとかダーツとか。
カラオケも飲みも好きですが..アクティブに過ごしています。

就活は将来を考える良い機会

就活は、自分の将来を考えるよい機会です。見て、体験して考えてほしいです。
インターンシップは時間も長いので雰囲気がわかるし、よい機会になります。それでも学生は「仕事の内容」まではなかなか理解しきれません。休みの日数とは残業時間とか、わかることはしっかり聞いておくべきです。
会社に入ったら「どんなスキルが身につくのか」も具体的に自分がイメージできるまで聞くといいですね。概要だけの説明ではなかなか理解できません。
プログラマーとSEは要求されるスキルにどのような違いがあるのか、SEの先の選択肢にはどのようなものがあるのか、などをイメージできるまで聞けば、自分の将来も具体的に考えることができるようになります。

※内容、所属部署などはインタビュー時点のものです

社員インタビューの一覧へ

より高い、より強い、
価値の創造に挑戦し続ける

PAGE TOP