Recruit採用情報

社員インタビュー

A.K(システムエンジニア・2016年入社)

たとえひとりで作業をしていても、孤独じゃないのがクレオの良さです

誰よりも私の将来に親身になってくれたのがクレオでした

クレオに決めたのは、人ですね。そうは言いながらも、就活の終盤、私自身、自分の将来についてすごく悩んでいたんです。このまま就職でいいのか。それとも院に進んでもっと学問を深めようか。なかなか自分で答えが出せず悩んでいました。そんなとき、何かと相談に乗ってくれたのが、クレオの採用担当の方でした。まだいち学生である私の話を真剣に聞いて、たくさんアドバイスをくれた。そうしているうちに、なんていい会社なんだろうって思うようになって。気づいたら、この会社で働きたいなと考えるようになっていました。それが、私がクレオに決めた一番の理由です。

「Javaって何?」から何とかエンジニアデビュー!

とは言うものの、ずっと大学で心理学の勉強をしていた私にとって、ITはまったくの専門外。入社後の研修では定期的にテストを実施するのですが、毎回赤点で、この先私は本当にエンジニアとしてやっていけるのだろうかと不安になりました。
でも、講師の先生や同期の仲間が、私がつまずくたびにひとつひとつ丁寧に説明してくれたおかげで、何とか簡単なプログラミングはわかるように。もちろんまだまだ半人前もいいところでしたが、最初は「Javaって何?」「C#って何?」という状態だったので、それに比べれば大進歩です。
研修終了後は、現在の部署に配属となり、エンジニアとして少しずつ技術と知見を磨いています。私が今担当しているのは、生産・物流系の管理システムです。ホームセンターや通販会社では、商品をストックするために大規模な倉庫を所有しています。広大な敷地の中には何千何万という商品が保管されていますが、どの商品がどこにあるか、きちんと管理できていなければパニックになりますよね。私の携わっているシステムは、そうした倉庫管理などで用いられるものです。

人の力を借りる大切さを学んだ新人時代

配属から2ヶ月、初めてある機能をイチから自分でつくることになりました。設計書を渡されたのですが、まだ新人の私はそこに書いてあることがまったくわからなくて、それをどうやって調べればいいかもさっぱり見当がつかず、そんな状態なので、このまま進めていって、本当にスケジュールに間に合うのかの予測もできません。最初は本当に不安でした。
でも、そんな中でわからないことを先輩に確認するにつれ、効率的な仕事のやり方も見えてきました。技術についてわからないときは、どうやって調べればいいのか。それでもわからないときは誰に聞けばいのか。もし進行に遅れが見えはじめたら、どのタイミングで上司に報告・相談すればいいのか。ひとつひとつ身をもって経験することで、自分の中にノウハウがたまっていきました。一歩ずつだけど、自分が成長している。その実感が嬉しかったですね。

何か悩んでいたら、必ず誰かが声をかけてくれます

プログラミングって一見すると、孤独な作業のように思えますよね。でもやってみてわかったんですけど、全然そんなことない。たとえひとりで作業をしていても、必ず誰かが気にかけてくれているので、ちっとも孤独を感じません。クレオにいると、ひとりでどうしようと悩むことがないんですね。たとえば、ちょっとした合間に専門書を開いて勉強しているときも、上長が「できてるか?」って声をかけてくる。部署が違う人も、フロアで顔を合わせたときは優しく話しかけてくれます。新人の私には、その気遣いがとても心強かったです。

有休も気軽に使えますよ。私は音楽が好きなので、夏フェスが何よりのご褒美。1年目のときもフジロックフェスティバルに行ってきました。開催が金曜からなんですけど、朝から現地に行くのは大変なので、前泊したいなと思って。そのときは有休を使って、前泊して思いっ切り楽しめました。 他にも福利厚生サービスがあったり、制度面も何かと充実しているので、その点はすごく満足しています。

※内容、所属部署などはインタビュー時点のものです

社員インタビューの一覧へ

より高い、より強い、
価値の創造に挑戦し続ける

PAGE TOP