Recruit採用情報

システムエンジニア(Y.K.)

身近に尊敬できる先輩がいるから、日々楽しいし成長できる

Y.K.(SE・2014年入社・産業ソリューション部)

和気あいあいとした職場

大学では情報通信学部だったので、授業でもプログラミングをやっていました。 ゲームが好きなので、最初はゲーム会社に入りたいと思っていたんですが、就活をしていく中で、人と話すことも好きなので営業も向いているかもしれない、せっかく大学で通信の勉強をしていたんだからそれを活かせる仕事もいいかもしれない、と色々な方向性が見えてきて悩みました。 そんな中、学内説明会でクレオを知って会社説明会に参加してみたんです。 説明では先輩社員が「和気あいあいとしています」と言っていて。どこの会社も同じようなこと言っているし、最初は正直、ほんとかなって疑ってました。 でも入社して社内のイベントに参加してみたら、先輩が言っていたように本当にみんな仲がいいんです(笑)

研修後は産業ソリューション部へ

2か月間の新人研修後は産業ソリューション部へ配属されました。主に宅配便システムの運用保守や開発などを行っている部署です。 配属当初は既存システムのツール改修など、今あるものを土台に、派生したシステムの追加や変更を担当していました。1つツールを作るとその時に使った技術が、次に作る別のツールにも活かせるので、当時は少しずつ自分のできることを増やす努力をしていました。 現在は企業向け社内システムの開発を担当していて、初めてゼロからの新規開発だったこともあり、業務知識の幅を広げることや技術スキルの向上など、まだまだ勉強途中です。企業の中で使われるシステムなのでテストは入念にやっていて、テストデータを作成してプログラムを動かすのですが、エラーなしの一発動作OKだったときは自分が神様にでもなった気分になります(笑)

身近に目標となる先輩がいる

分からない事があれば大抵のことは先輩たちに聞いています。技術面、業務面共に分からないことは先輩に教わってばかりですね。 先輩の中には特に尊敬している方がいて、仕事が速く、適応力も高くて、その人がいてくれると安心できるし教わることが多いです。もちろん、その先輩にも分からないこともあるんですが、そういう時は調べてちゃんとした答えを教えてくれるので、僕も将来そういう先輩になりたいと思っています。 今後は開発の1つ前の仕事であるお客さんの声を聞く要件定義や設計にも挑戦したいです。技術がわかってきたからこそ聞ける、話せることもあると思うので。そして30歳までにプロジェクトリーダーになることを目指しています。

学生へのメッセージ

少しでも興味をもったら、学歴や専攻は気にせずにとにかく応募してみて欲しいと思います。 この仕事だとプログラムを学んだ経験以外は学力ってあんまり仕事に関係なくて。それ以外はみんな同じゼロスタートです。日々学びながら、昨日はできなかったことができるようになったり、自分が作ったプログラムがちゃんと動いて感動したり、SEの仕事って楽しいですよ。

(インタビュー内容は2015年4月時点のものです)

より高い、より強い、
価値の創造に挑戦し続ける

PAGE TOP