NewsRelease ニュースリリース

クレオ、「提案型データ分析ツール」を開発
AI型分析ロジックによるビジネスアナリティクスをクラウドで提供
2019年1月のトライアル公開に向け、テスト運用を開始

株式会社クレオ(本社:東京都品川区・代表取締役社長:柿﨑 淳一、以下クレオ)は、ビジネスアナリティクスをクラウドサービスで提供する「提案型データ分析ツール」を開発しました。独自のAI型分析ロジックにより、企業のデータ活用レベルを、従来のBI(Business Intelligence、以下BI)の領域から、次のステージとなるBA(Business Analytics、以下BA)の領域へ導くことで、高度な経営分析を容易に実現するクラウドサービスとして展開します。2019年1月のトライアル版公開に向けて、ユーザーによるテスト運用を開始したことを発表します。

サービス開発に至った経緯

多くの企業が経営分析の手段として、BIツールを導入し、財務データや販売データを基に自社の経営状況の分析に取り組んでいます。しかしながら、その分析内容について、大半の経営者はBIによる様々なグラフや統計表による現状把握には満足しつつも、その結果から改善策を立案するBAに課題を感じているケースは少なくありません。その要因として考えられるのは、BAが担う未来予測は、分析担当者のスキルに依存する為、結果として経営判断が分析担当者の経験値や勘、保有する分析ノウハウに大きく影響するリスクがある為です。経営環境の変化が激しい昨今において、データオリエンテッドな経営分析は、多くの経営者にとって喫緊の課題となっています。

AI型分析ロジックが高度なデータ活用を現実に

この度、クレオが開発した「提案型データ分析ツール」は、これまで分析担当者のスキルに頼っていたBAの領域を独自のAI型分析ロジックで自動化、企業のデータ活用レベルを容易にBAの領域へと導き、多くの経営者が抱える経営分析の課題を解決します。
中長期計画に直結する予実管理に特化し、会計システムの財務データと予算情報を取り込むだけで、データ解析の専門家や経営コンサルタントのように、現状把握と着地予測、課題要因分析からその対策まで、業界の特性に配慮した提案を自動的に行います。更に、複雑な操作スキルを必要としないユーザビリティと月額利用モデルの手軽さ、クレオが提供する会計システムに限らず、すべての会計システムとのデータ連携を前提にしたことで、多くのユーザーにご利用いただける画期的なクラウドサービスとなることをクレオは目指しています。

提案型データ分析ツールの特長(3つの機能)

  1. データアナリティクスのスキルや分析ノウハウを必要としない「予実分析テンプレート」

    予実分析に必要な分析項目と分析軸は、20種類以上の予実分析テンプレート(現状把握・予測・要因分析・対策立案)として、各種経営ダッシュボードと統計レポート上に予め定義しています。ユーザーは面倒な設定作業をする必要がなく、アウトプットをそのまま経営報告用の予実分析レポートとして利用することができます。全社単位・部門単位の予算比・前年比分析や着地シミュレーション、更に損益計算書に基づく科目単位の課題分析と対策立案など、分析の為のスキルやノウハウに関わらず、予実分析のベストプラクティスを簡単に実行することができます。

  2. データオリエンテッドな経営判断を実現する「予実AIエンジン」

    予実管理に特化したセンシティビティ分析を行うAI型分析ロジック(※1)「予実AIエンジン」が、従来のBIツールの統計に加え、着地予測(DOWNSIDE・UPSIDE)と収益性や企業価値、成長性といった多様な評価視点で、予実差異に対する問題点の特定とその改善提案を行います。ユーザーは専属のデータサイエンティストのアドバイスを受けるように、客観性と専門性を持った視点の分析が行え、「予実AIエンジン」から、これまでの経営分析に新たな気づきを得ることができます。
    ※1)AI(artificial intelligence/人工知能)とは、自然言語処理や画像解析、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステム等に応用され、人間に代わって知的行動をコンピューター上で実現する技術です。クレオが今回、独自開発したAI型分析ロジックは、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステムとして、具体的には、予実管理に特化し、経営コンサルタントやCFOの業界別予実分析の知見を基に、自動で分析結果から解決策を提案することを可能にしています。

  3. 業界特性に応じた最適解へ導く「業界別インテリジェンス」

    企業価値を収益性や資本効率性、生産性や成長性といった30種類以上の汎用KPI項目から評価します。更に「業界別インテリジェンス」がユーザーの業種に応じたKPI分析も実行し、例えば小売業であれば、来店者数や店舗床面積あたりの売上高、在庫回転率といった、業種特性に応じた問題点の把握と解決策をユーザーに提示します。
    また、「業界別インテリジェンス」は各ユーザーの利用状況から、業界別KPI分析の知見を集約していき、「予実AIエンジン」の提案力を向上させていきます。これによりユーザーは、業界別に追及された最適解を継続的に得ることが可能になります。

サービス利用イメージ

「提案型データ分析ツール」は、会計システムから取り込んだ財務データや予算情報を取り込み、「業界別インテリジェンス」が持つ業界特性に応じて、「予実AIエンジン」が現状把握から様々なKPI着地予測、予実差異分析と改善策の提案をおこないます。また、これらの一連のパフォーマンスはすべて、信頼性の高いクラウド基盤上で展開され、高い安全性と利便性のもと、高度な予実分析を実現するクラウドサービスとしてご利用いただけます。

今後の予定

2019年1月より、クレオユーザー限定(※2)のトライアル版の提供を開始します。その後、2019年7月より、新規ユーザー向けに一般公開をする予定です。また、プロモーションについては2018年10月より先行して、実施していきます。

  • 2018年10月26日 クレオユーザー会「CREO USERS FORUM 2018」(※3)にて先行公開
  • 2018年11月   本サービスの専用WEBサイトを公開
  • 2019年1月    クレオユーザーに限定したトライアルサービスの提供を開始
  • 2019年7月    一般公開として新規ユーザー向けにサービス提供を開始

※2)既に当社の製品、サービスをご利用いただいている企業様

※3)10月26日に開催(日本橋)するクレオユーザー限定・情報共有イベント
「CREO USERS FORUM 2018 ~変革の時代を生き抜くビジネスパーソンへ~」
https://creo.omniattend.com/seminar/forum2018
開催プログラム内のクレオ・セッションにて発表させていただきます。
CREO USERS FORUM 2018は取材のための各報道機関様のご出席も可能です(本サービス発表時間 16:30~)。
ご参加いただく際は事前に下記お問い合わせ先までご連絡を頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

尚、一般公開後もヘビーユーザー向けのレポートカスタマイズや他ユーザーとの同業他社比較を行うサービスプランをユーザーニーズに応じて提供していくなど、サービスラインナップの拡充にも取り組んでいく予定です。
クレオは、ITの恩恵をお客様の成長へ繋げることをコンセプトに、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支援する新しいクラウドサービスとして、今後も本サービスの提供価値向上を追求して参ります。

クレオについて
法人名 株式会社クレオ https://www.creo.co.jp/
代表取締役社長 柿﨑 淳一
本社 東京都品川区東品川4-10-27 住友不動産品川ビル

クレオは管理部門向け業務パッケージ「ZeeM」やITサービス管理ツール「SmartStage」を中心とした基幹系アプリケーションの開発販売やクラウドシフト支援サービスの提供、官公庁・自治体のシステム開発など多岐にわたるソリューションを展開しています。また、企業のデジタルトランスフォーメーションをサポートする業務自動化サービス「CREO-RPA」やビジネスプロセス最適化ソリューション「BIZ PLATFORM」など、イノベーション創出に向けた経営革新ソリューションも手掛け、企業や団体の新たな価値創造に貢献しています。
本件に関するお問い合わせ先
株式会社クレオ
ソリューションサービスカンパニー マーケティング統括部プロモーション部
担当:平田
TEL 03-5783-3548  Mail info.zeem@creo.co.jp
※「ZeeM」「SmartStage」「BIZ PLATFORM」は株式会社クレオの登録商標です
※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります

クレオ、「提案型データ分析ツール」を開発 AI型分析ロジックによるビジネスアナリティクスをクラウドで提供
2019年1月のトライアル公開に向け、テスト運用を開始

より高い、より強い、
価値の創造に挑戦し続ける

PAGE TOP