NewsRelease お知らせ

クレオ、ベトナムのIT企業 Ominext JSC と 資本・業務提携に関する基本合意書を締結

2018年11月1日

株式会社クレオ(本社:東京都品川区・代表取締役社長:柿﨑 淳一、以下クレオ)は、ベトナムのIT企業 Ominext Joint Stock Company(本社:ベトナム ハノイ市・代表取締役社長:Trần Quốc Dũng、以下 Ominext)と資本・業務提携に関する基本合意書を締結したことを発表します。

Ominextは日本企業を顧客とした医療、ヘルスケアシステム開発において豊富な実績を持ち、ベトナムソフトウェア協会(Vietnam Software Association)が選定する「Vietnam’s 50 Leading IT Companies(※)」 に2016年から2018年まで3年連続で選ばれるなど、成長著しいスタートアップ企業です。

クレオはOminextとの資本・業務提携を通じて、優秀な人材を安定的に確保する体制を築くとともに、両社グループ間での人材交流などを通してグローバル事業の展開に向けた基盤構築を進めてまいります。

(※) 「Vietnam’s 50 Leading IT Companies」の詳細については以下のWebサイトをご覧ください。
http://leadingitcompanies.com/ (英語/ベトナム語)

Ominext の概要

社名 Ominext Joint Stock Company (オミネクスト)
設立 2012年
代表者 Trần Quốc Dũng (チャン・クォック・ズン)
主要事業 日本向けソフトウェア受託開発
社員数 230人 (2018年3月現在)
Webサイト https://ominext.com/

資本・業務提携の概要

両社による資本・業務提携に関する基本合意に基づき、今後以下の施策を行う予定です。

  1. クレオからOminextへの開発業務の委託

    クレオが現在開発、販売する製品の一部の開発をオフショア化し、製品開発投資の生産性向上を図ります。またクレオが顧客企業から受託するシステム開発の一部をオフショア化することによって、これまでクレオ社内の人員不足により発生していた受注の機会損失等を低減します。

  2. 人材交流とノウハウ共有

    両社は相互に「学び合う」関係として、一定期間技術者を派遣、常駐させることなどを通して、相互の技術力の向上を図ります。
    Ominextからクレオへ:一部日本と比較して先行しているIoT、スマートデバイス、クラウド等の利活用技術
    クレオからOminextへ:ソフトウェア開発の上流工程、品質管理、各種業務システム開発のための業務ノウハウなど

  3. 共同研究開発及びその成果の事業化

    Ominextはベトナムの理系大学の中で最高レベルにあるハノイ工科大学出身者をはじめとする高度なIT人材を多く有しています。将来的な成長が期待される新技術領域において共同で研究開発を行い、その成果に応じて共同で事業化することを検討していきます。

  4. 合弁会社の設立

    上記3項目の施策を効果的かつ円滑に行うため、共同で合弁会社を設立する予定です。
    クレオの出資比率や合弁会社の経営に関する詳細は現在協議中であり、新設会社は2019年1月から業務を開始することを目標として設立準備を進めています。

クレオについて
法人名 株式会社クレオ https://www.creo.co.jp/
代表取締役社長 柿﨑 淳一
本社 東京都品川区東品川4-10-27 住友不動産品川ビル

クレオは管理部門向け業務パッケージ「ZeeM」やITサービス管理ツール「SmartStage」を中心とした基幹系アプリケーションの開発販売やクラウドシフト支援サービスの提供、官公庁・自治体のシステム開発など多岐にわたるソリューションを展開しています。また、企業のデジタルトランスフォーメーションをサポートする業務自動化サービス「CREO-RPA」やビジネスプロセス最適化ソリューション「BIZ PLATFORM」など、イノベーション創出に向けた経営革新ソリューションも手掛け、企業や団体の新たな価値創造に貢献しています。
本件に関するお問い合わせ先
株式会社クレオ
経営企画室 安田 智宏
TEL 03-5783-3530  Mail press-ir @creo.co.jp
※「ZeeM」「SmartStage」「BIZ PLATFORM」は株式会社クレオの登録商標です
※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります

クレオ、ベトナムのIT企業 Ominext JSC と 資本・業務提携に関する基本合意書を締結

より高い、より強い、
価値の創造に挑戦し続ける

PAGE TOP